腸内細菌とは?

花

人間は、腸内に最近を飼っています。
ふつう、人間の害になりそうな最近ですが、腸内細菌だけは免疫寛容といって、共存を許されているのです。


ただ、許されているだけでなく、人間にとって良い影響をもたらすので、共存しているのです。
腸内細菌がいなければ、人は消化吸収ができなくて、生きていくことはできないのです。


 


また、体外のウイルスや悪い細菌が侵入してきた時にやっつけてくれるのも腸内細菌なのです。またあまり知られていない腸内細菌の働きに、ビタミンkを作るという働きがあります。
これは出血の際に必要なので大事な働きと言えます。


そんな腸内細菌ですが、腸内に生存している数は、便1グラムに対して600兆〜1000兆個も存在しているのです。
総重量は1,5キロというのですから驚きですね。


毎回の便のたびにおよそ5%が腸内細菌です。
大便の薬80%は水分なのですが、残りの20%は、食べかす・腸のはがれた粘膜・腸内細菌という内訳です。


腸内細菌の種類は遺伝で決まる。

人間の顔が違うように腸内細菌の種類もまた千差万別なのです。
それが決まるのが母親からの遺伝だと言うのです。


人間は母親の体内にいるときは無菌状態ですが、産道を通るときに菌を譲り受けるのです。
ですから、帝王切開よりも自然分娩のほうが、赤ちゃんの免疫力は上がります。


生まれてから、空気や食べ物によっていろんな菌が赤ちゃんの体内に入ってくるのです。

あなたにピッタリの乳酸菌サプリが必ず見つかる!!

今話題の乳酸菌サプリをあなたも飲んでみませんか?
ランキング形式であなたに合った乳酸菌サプリが必ず見つかります!
↓↓↓↓↓
善玉菌を増やす【乳酸菌サプリ】を比較しました!