腸内環境悪化の原因5つ

花

腸は精神面での影響を受けるので、便秘や下痢に悩む人が多いです。
では、腸内環境を悪化させて下痢になる原因や便秘になる原因を大きく分けると5つに分かれます。


野菜を食べない食生活

昔から、野菜を食べなさい!と言われているとおり、野菜は健康のためには食べなくてはいけません。
というのも、野菜に含まれる食物繊維こそが、便の材料になるからです。
野菜を食べない人は、便の材料が少なすぎるために、便秘になるということです。


運動不足

便秘と運動不足も関係が深いです。
人間は、手足を動かすと、腸の蠕動運動がかっぱつになります。
よって便秘を解消予防する働きがあるのです。


また、排便時に、残便感 (腸に残っている感じ )がするという場合は、
腰から、股関節の付け根についている腸腰筋というインナーマッスルが弱く、便を押し出す力が弱いことも挙げられます。



乱れた生活習慣

人間には、もともと生活リズムが整うよにと、自律神経が備わっています。
その自律神経には、便を促す働きもあるのです。
ところが、夜更かしなどの不規則な生活が続くと、自律神経も乱れて便秘の原因になるのです。


 


ストレス

うさぎのようなコロコロ便のような便秘はストレスが原因の便秘です。
医学的には痙攣性の便秘と言います。


精神面と腸は、脳腸相関という言葉があるように、関係が深いのです。
つまり、ストレスを感じると、腸の働きに影響して便秘や下痢の状態を引き起こします。


無理なダイエット

これは女性がほとんどですが、食べ物自体が少なすぎる場合に便の材料が作られなくなり、便秘になります。
無理なダイエットを繰り返すことによって、腸内環境を乱してしまうのです。

あなたにピッタリの乳酸菌サプリが必ず見つかる!!

今話題の乳酸菌サプリをあなたも飲んでみませんか?
ランキング形式であなたに合った乳酸菌サプリが必ず見つかります!
↓↓↓↓↓
善玉菌を増やす【乳酸菌サプリ】を比較しました!