プロバイオティクスとは

海外風景

最近、ヨーグルトのパッケージやCMなどにもみられるようになったプロバイオティクスですが、意味を簡単に説明すれば、生きたまま腸にとどく菌のことを指します。


一般的な菌は、食べ物と一緒に人間の胃の中に入ると、まず胃酸で死んでしまいます。
それは、人間によい効果をもたらす乳酸菌とて同じことです。


ですが、そんな胃酸や胆汁酸にもやられずに、生きたまま腸にとどく菌やそれを含む食品ををプロバイオティクスというのです。

 


生きたまま腸に届くほうが効果があるの

  • 生きている菌を生菌
  • 死んだ菌を死菌

といいます。
では、生きたまま腸に届くほうが、人間の健康にとって良いのでしょうか?
答えは、生きたままのほうがいいです。


生きたまま腸に届いた、乳酸菌などは、寿命はせいぜい数日ですが、それまでに乳酸を作って腸内環境を整えたりしてくれるのです。


ですが死菌でも効果があります。
死菌でも、常在菌のエサとなって腸内環境改善に役立つのです。

生きたまま腸に届くヨーグルトの見分け方

生きたまま腸に届くヨーグルトは、
表示に、トクホのマークがついています。
つまり、トクホマークがついているヨーグルトを食べていれば、生きたまま腸に届く乳酸菌を毎日摂取できることになるのです!

あなたにピッタリの乳酸菌サプリが必ず見つかる!!

今話題の乳酸菌サプリをあなたも飲んでみませんか?
ランキング形式であなたに合った乳酸菌サプリが必ず見つかります!
↓↓↓↓↓
善玉菌を増やす【乳酸菌サプリ】を比較しました!