乳酸菌はたくさん摂ったの方がいいの?

海外風景

乳酸菌は副作用がありません。
なので、たくさん食べても害はありません。


ただし、乳酸菌の特徴として、食べても腸内にずっと定着するわけではなく、2週間前後で体外へでてきます。
つまり、腸内で受け入れる量の乳酸菌をとっても、対応しきれないので、一定の量を毎日とるほうが体にはいいでしょう。



食べ過ぎは、消化において難点が、、、

乳酸菌自体は、害がなくたくさん食べても構わないのですが、ヨーグルトになると、タンパク質なので、食べ過ぎは胃腸に負担となります。


また、キムチなども食べ過ぎは胃腸によくなかったり、漬け物は塩分の取り過ぎも考えられますので、ほどほどにしておきましょう。

乳酸菌が必要な1日の量

目安としては、乳酸菌は食べ物から摂るならば、1日300g必要だと言われています。
また、効率のよい乳酸菌の取り方ですが、いろんな種類の乳酸菌を取り入れたほうが消化や代謝の効率も上がるのでおすすめです。

たくさんの種類の乳酸菌をとっても大丈夫なの?

乳酸菌は現在発見されているものでも400種類にも及びます。
また、まだ発見されていない乳酸菌もたくさん存在すると言われています。
それに、乳酸菌には種類によって、人間の体への効果が違うのです。
では、ここで、たくさんの乳酸菌を一度にとることは、大丈夫なのか心配になりますよね。
大丈夫です、複数の乳酸菌をとっても体にマイナスになることはないのです。
それどころか、相乗効果でさらに健康効果をもたらすこともあります。
よって、複数の乳酸菌を摂ることをおすすめします。

あなたにピッタリの乳酸菌サプリが必ず見つかる!!

今話題の乳酸菌サプリをあなたも飲んでみませんか?
ランキング形式であなたに合った乳酸菌サプリが必ず見つかります!
↓↓↓↓↓
善玉菌を増やす【乳酸菌サプリ】を比較しました!