日本人の大腸がんの死亡率が異常

海外風景

日本で一番の死因となるガンですが、そのなかでも
女性の第1位は大腸がん。
男性は第3位と高いのです。


最大の原因としては、食の欧米化によって、腸内環境を悪化させている現状でしょう。


欧米化によってお肉を食べ過ぎている!

食の欧米化によってなにが一番かわったのかといいますと
お肉を毎日食べるようになり、野菜を食べなくなったことです。


では具体的にどうなるかといいますと、脂肪を分解するときには肝臓から胆汁酸がでます。
肉類の食事はこの胆汁酸が出すぎるという状態です。
胆汁酸は、腸肝循環という性質があり、小腸に排出された胆汁のほとんどは、再吸収され肝臓にもどる仕組みなのです。
しかし、一部では胆汁酸が大腸に流出します。
そして、悪玉菌が二次胆汁酸に変えてしまうのです。
これが発ガン物質となるのです。


毒素を発生させる

また腸内環境が悪いというだけで、毒素がどんどん腸内で産生されます。
腸内環境が整っていれば、免疫力もあがり毒をやっつける作用も強いのですが、悪玉菌が優位だと、いつか発ガン物質を処理しきれずにガンになってしまうのです。


なので、がん予防をするならばまずは腸内環境を整えることが大事です。

あなたにピッタリの乳酸菌サプリが必ず見つかる!!

今話題の乳酸菌サプリをあなたも飲んでみませんか?
ランキング形式であなたに合った乳酸菌サプリが必ず見つかります!
↓↓↓↓↓
善玉菌を増やす【乳酸菌サプリ】を比較しました!